母の日にネックレスをプレゼントするなら

母の日にネックレスをプレゼントするなら、
お母さんに喜んでつけてもらえるネックレスを選びたいですよね。
では、どのようにしてお母さんにぴったりなネックレスをセレクトしたらよいかをご紹介します。

 

ネックレスの長さ

お母さんが痩せているか、ぽっちゃりしているかで、似合う長さが違ってきます。
痩せている人には、首が強調される37cm〜40cmの長さのネックレスは綺麗に見えますが、
ぽっちゃりしていると45cm以上の長さの方がすっきりと見えます。

 

ネックレスの長さはとても重要です。
肌に直接のせるのか、タートルの上にもつけるのかでも変わってきます。

 

また、チェーンタイプと丸水晶やベネチアンガラス玉をつないだタイプなどでは、
ボリューム感が違うので、お母さんの体型と洋服の好みも考慮して選ぶ必要があります。

 

チェーンの色

金と銀のほかに、ピンクゴールドやメッキ加工した銅色などがあります。
お母さんが既に持っているアクセサリーと色を揃えておくと、
重ねづけなどで一緒に使うことができます。
敢えて違う色にするのも新鮮なイメージになるので良いかもしれません。
このときも、お母さんの洋服などにマッチしているかを考えて選びます。

 

プチネックレス

最後に、若い女性に非常に人気のあるプチネックレスですが、母親世代には向いていません。
年齢を重ねた女性には、プチネックレスは可愛過ぎます。
大人の女性のカジュアルスタイルに必要な落ち着きに欠けているからです。

 

どうしてもプチネックレスを母の日のプレゼントにしたい場合は、
イニシャルモチーフが付いた18金以上のものにしておくと、
お守り代わりに身につけられるかと思いますが
できればプチネックレスは避けたほうが無難です。