母の日に血圧計をプレゼントするなら

家庭用の血圧計には、主に上腕タイプと手首タイプがありますが、母の日にプレゼントするとしたら、どちらのタイプがよいのでしょうか。

 

血圧を測る場合は、朝晩2回、毎日同じ時間帯に測るとよいとされています。
手首タイプは小型ですから、手軽に毎日使えるだろうと思いますが、血圧計は上腕で計測したほうがより正確で、患者さんが家庭用血圧計の購入相談をすると、医師も上腕タイプを勧めるそうです。
それでも、腕帯を巻くタイプのものは、お母さん一人だと上手に巻けるかわかりませんし、なんだか面倒な感じがしますよね。

 

そこで、正確性の高い上腕計測タイプで、腕帯の面倒がない人気の血圧計を探したところ、母の日のプレゼントにはオムロンのHEM-1025スポットアームが是非お勧めです。
この血圧計は2012年3月の発売ですから、最新製品ではありませんが、高性能と手軽さで、すべての血圧計の売れ筋ランキングで堂々の第2位を獲得している製品です。

 

オムロンHEM-1025は、病院や会社の保健室にあるような、自分で自由に計測できる血圧計と同じタイプで、筒になっている部分に腕を通し電源ONにしてスタートするだけなので、非常に簡単に使えます。
測定するときの腕の位置や姿勢が悪いと、画面で知らせてくれる機能や、朝に測定した血圧値の1週間の平均が高血圧の範囲内だと、早朝高血圧マークが点滅して注意喚起するなどの機能を備えています。

 

手首タイプや腕帯タイプの血圧計と違って、置き場所のスペースは必要になりますが、置いておくだけで簡単確実に血圧を計測できますので、毎日の健康チェックに活躍すると思います。